Application Permanent Resident & 10 years continuously staying in Japan

 

To apply for permanent resident,

“Continously Stay in Japan for 10 years” is needed.

 

Leave Japan for more than 3 months

If you leave Japan for more than 3 months,

“Continue to stay”

It deviates from the requirement.

A typical example is “homecoming birth”.

If your Vietnamese wife returns to Vietnam after giving birth and does not return to Japan within 3 months, the period of stay in Japan will be reset, so you have to be careful.

However, it will be difficult to give birth in a foreign country that you are not used to, so that is a difficult place.

The best thing to do is to get a permanent resident and then give birth to a child, but it’s annoying that it doesn’t work.

 

Leave Japan for more than 6 months in total in one year

Even if you leave Japan within 3 months, if you repeat it many times and it becomes 6 months or more in a year, that too

“Continue to stay”

It deviates from the requirement.

An example of this is “a person who has a lot of business trips”.

If a Vietnamese employee is in the position of a supervisor at the Vietnam factory, he / she will need to go to the Vietnam factory frequently, so in that case, if he / she does not control the business trip period well, a total of 6 months will pass immediately. ..

Even if I have been working for a Japanese company for more than 10 years, it is a waste to not be able to apply for permanent residence because of this, so I would like you to manage it well.

 

Are there any exceptions?

However, there are exceptions if there is a principle.

for example

・ I was leaving Japan at the request of the Government of Japan.

・ It was a departure that was in the national interest.

・ Other departures for Japan.

In that case, even if you leave Japan for a year, if you submit a statement of reason and documents to support it, you may be able to accept it.

 

Since I travel a lot, please do not give up saying “I can’t apply for permanent residence” and feel free to contact me.

 


 

永住許可申請には、

「10年間本邦に引き続き滞在」

という要件があります。

 

 

3ヵ月以上日本を離れる

 

3ヵ月以上日本を離れると、

「引き続き滞在」

という要件から外れてしまいます。

典型的な例が「里帰り出産」です。

ベトナム人の奥さんが里帰り出産でベトナムに帰り、3ヵ月以内に日本に戻らないと、それまでの日本滞在期間がリセットされてしまうので、気を付けなければなりません。

といっても慣れない異国の日本で出産も大変でしょうから、その点は難しい所ですね。

一番いいのは、永住権を取ってから子供を産む事ですが、そううまくはいかないのが悩ましいところです。

 

 

1年間に通算して6ヵ月以上日本を離れる

 

3ヵ月以内の出国も、何回も繰り返して1年間に通算6か月以上となると、それも

「引き続き滞在」

という要件から外れます。

この例は、「出張の多い仕事をしている人」ですね。

ベトナム人の社員がベトナム工場のスーパーバイザー的な立場などの場合、ちょくちょくベトナム工場に行く必要があるでしょうから、その場合はうまく出張期間をコントロールしないとすぐに通算6ヵ月を経過してしまいます。

せっかく日本企業に勤めて勤続10年以上になっても、このために永住申請できないというのももったいないので、うまくマネジメントして欲しいと思います。

 

 

例外はあるのか?

 

ただ、原則があれば例外があります。

例えば

・日本国政府の要請により出国していた。

・国益にかなう出国だった。

・その他日本国の為の出国だった。

という場合でしたら、1年間日本を離れても、理由書やそれを裏付ける書類を提出すれば、なんとか認めてくれる事もあります。

 

自分は出張が多いので「永住申請は無理」とあきらめないで、是非ご相談下さい。

 


 

    お名前・Your Name (必須・Required)

    会社名・Company Name (法人様でしたらご記入下さい・Please fill in if company status)

    メールアドレス・Mail Address (必須・Required)

    電話番号・Tel Number (必須・Required)

    お問合せ題名・Subject

    お問合せ内容・Description

    添付資料・Related documents (もし御座いましたらお送りください・if any)

    POPULAT POST

    ×

    Powered by WhatsApp Chat

    × How can I help you?