Tips for Permanent Resident Application

 

What should the explanation latter be?

Permanent resident is

“How much do you contribute to Japan?”

That is the question.

 

Also

“I’ve been in Japan for a long time, I have a living base and work in Japan, and even if I return to my own country, I cannot find work there.

I already don’t know anybody in there. I have no choice but to stay and live in Japan in the future, so I want to stay in Japan. ”

There is a tendency for permission to be given to those who say.

 

Therefore,

I’m already deeply in Japanese society, pays a lot of taxes to Japan, and contributes to the local community.

It is necessary to emphasize such things in the explanation latter at the time of application.

Writing a good explanation latter is difficult for foreigners, so

If you leave the reasoning to an immigration lawyer who is accustomed to permanent residence, the probability of getting a permit is considerably higher.

 

If I have a family, do I apply by myself? Do you apply for the whole family?

If you have a family and want to apply for permanent residence, I strongly recommend that you apply for the whole family rather than applying alone.

 

Because permanent residence is

“I’ve lived in Japan for a long time, I have a family, I work in Japan, and I’m completely in Japanese society.

I want to live permanently in Japan because I’m blended in and I don’t have a place to stay when I return to my home country! ”

This is because it grants permanent residence to those who say.

 

Therefore, if you have a family, you have to apply for permanent resident with the whole family.

“aren’t you going to stay in Japan for a long time?”

“What about your family?”

I will be suspicious of the immigration bureau.

 

There are more documents to apply for permanent residence for the whole family than for one person to apply for permanent residence.

It will be difficult to prepare, but it is more likely that the whole family will get permission to apply.

 

How to proof that “deeply in Japanese society”

・ Not so closely related to the Japanese community

・ There are few Japanese friends

Some people say that.

 

If you are not familiar with Japan and want to apply for permanent resident, please do not hesitate to contact us.

I recomend these person to do “Volunteer activities”.

Anything is fine, as long as you have sone kind record of contributing to Japan.

・ Volunteer to clean up in disaster areas

・ Volunteers related to welfare for the elderly

・ Various volunteers recruited by municipalities

In addition, you may participate in local festival planning.

 

If you are willing to get involved in Japanese society, the Immigration Bureau will appreciate it.

 

However, the man made story is not good.

It needs evidence that we actually participated.

  • Photo
  • Participation certificate

And so on.

 

If you want to be sure of permanent residence, it is important to appeal that you are into Japanese society.

 

Permanent residence application and savings amount

People who apply for permanent resident often ask me

How much should I have saved?

There is something like that. There is no clear standard.

 

As a vague guide for me

Annual income

I think it’s better to have it.

 

I would like to have some savings that I can do without income for a year.

 

The most important thing is that you have a solid profession that you can support yourself in Japan.

Even if you work for a company, it is possible that the company will collapse.

In such a case, if you have the savings for your annual income, you can live a life first,

You can find your next job without hassle.

 

Also, if you stay in Japan for 10 years, you will be able to save some money.

People who have no plans to save money are unlikely to contribute to Japan.

Because it seems like that.

 

Moreover, what the country is most afraid of is

Run out of money, desperate and commit a crime

This is the worst pattern.

 

If you are aiming for permanent residence, save money!

 

TAX !!

In the required documents for permanent resident application,

・ Certificate of payment of income tax (national tax)

・ Certificate of paying local tax (city) for the past 5 years.

 

Permanent residence is

・ What kind of things have you contributed to Japan so far?

・ How much will this person contribute to Japan after obtaining permanent resident?

Immigration will check.

 

Tax payment is the minimum contribution to Japan, so it is said that tax payment is proper.

However, it will be examined in detail.

 

Therefore, if you are aiming for permanent resident, be aware that you will pay taxes early.

You should be there.

 

National taxes must be withheld, so companies of any size

It pays the employee’s tax on behalf of the employee.

 

However, the tax of municipalities is because the paperwork is troublesome for a very small company.

Some companies do not withhold tax, in which case the employee will have to pay the tax himself.

 

For foreign employees, they don’t know surely the Japanese tax system.

Local tax invoice is written Japanese, it is difficult to read them and they left abandoned.

Some people do not pay taxes, so be careful invoice from local city hall.

 

If you are aiming for permanent residence, pay your taxes properly first!

 

Let’s keep the law!

Permanent resident application is needed,

I have lived in Japan for many years (10 years), and during that time I have lived in compliance with Japanese law.

That is essential.

 

Keeping and observing Japanese law is very important.

Of course, Japanese society don’t want people who don’t follow the law to live permanently.

 

Persons with violent crimes such as murder will be deported after their residence permit is revoked and their status of residence is over.

However, a person who commits a minor crime can continue to stay in Japan for a fine.

 

Example of the minor crime is,

・ Car overspeed

・ Parking violation

 

If you drive a car, you will do it well.

Parking violations can be prevented by not parking on the street, but speed violations are a bit

If you feel relaxed, you will speed up, so you need to be careful.

 

Immigration checks the criminal record properly, so even minor crimes, they find you have “Criminal record”.

 

Frequently asked when applying for permanent resident

“How soon will the criminal record disappear?”

That said, I have no idea what this is.

 

The application for permanent residence is the “discretionary scope” of the immigration officials.

It depend on the immigration staff.

 

The best thing is not to drive a car

 

If you are aiming for permanent resident, do not drive a car in Japan, but take a bus or train

It is recommended to use it a lot.

 

Health insurance / public pension

It need to record of paying social insurance (health insurance / public pension) for 2 years

 

If you join health insurance, you will have to pay 30% if you get sick and see a doctor.

Foreigners are willing to join in and have their own parents.

Some people even bring their parents to Japan and try to join Japanese health insurance.

 

However, in the case of public pension, if you work a proper company, company pay half of them and half pay you for insurance fee.

 

If you work for a poor company or a sole proprietor, you will join pension yourself.

You may not be eligible for the welfare pension, so please contact such a company.

Those who are working must enroll in the National Health Insurance / National Pension by themselves.

 

If you enter the national pension yourself, you will not get the pension unless you are 65 years old or older.

There are few places where I feel the benefits, especially for foreinger who are thinking return to the country in the future.

 

However, if the national pension withdraws for whom returns to the country before 65 years old.

In this case, it will refound half of you paid.

 

If you are 65 years old or older, you can get a pension of about 800,000 yen per year from 65 years old to lifelong.

The national pension premium is 16,410 yen per month, so it’s not so bad.

 

If you are aiming for permanent resident, don’t forget to pay your health insurance and public pension!

 


 

理由書はどうあるべきか?

 

永住権は、

「日本にどれくらい貢献しているか?」

ということが問われます。

 

また

「日本に長くいて、生活基盤や仕事は日本にあり、自国に帰っても仕事はないし、

知り合いもいない。この先日本に滞在して生活するしかないので、日本にいたい」

という人に許可が下りる傾向があります。

 

よって、

日本の社会に溶け込んでいる・日本に税金をたくさん納めている・地域社会に貢献している

などを申請時に理由書にて強調する必要があります。

良い理由書を書くのは外国人の方には難しいところがありますので、

理由書作成を永住権に手慣れている行政書士に任せると、許可が下りる確率がかなり高くなります。

 

 

家族がいる場合、自分一人が申請するか?家族全員で申請するか?

 

家族がいる方が永住権を申請する場合、一人で申請するより家族全員で申請するのがおススメです。

 

なぜなら永住権は、

「日本に長く住んでいて、家族もいて、仕事も日本で、日本の社会にすっかり

溶け込んでいて、母国に帰っても居場所がないので、日本で永住したい!」

という人に永住権を許可するというものだからです。

 

よって、家族がいる方が家族全員で永住許可申請をしないと

「この人は日本に長くいるつもりは無いのだろうか?」

「家族はどうするのか?」

という疑念を入管に持たれてしまいます。

 

一人の永住許可申請より、家族全員の永住許可申請の方が書類が多くなり、

準備が大変となりますが、家族全員でそろって申請した方が許可になる可能性が大きくなります。

 

 

「日本の社会に溶け込んでいる」とう証明

 

・日本の地域社会とそんなに密接に関わっていない

・日本人の友達も少ない

という方もいらっしゃります。

 

日本にあまりなじんでいないような方が永住許可申請をする場合は、是非とも

ボランティア活動

をすることを勧めています。

 

何でもいいのです、日本に貢献しているという実績があれば。

・災害地に片付けのボランティア

・老人福祉関係のボランティア

・市町村で募集している各種ボランティア

その他、地域のお祭り企画に参加でも良いのです。

 

自分から積極的に日本社会に関わろうという姿勢があれば、それなりに入管は評価してくれます。

 

ただ、作り話はダメです。

 

実際に参加したというエビデンスが必要です。

・写真

・参加証

などなどです。

 

永住権を確実に取りたいなら、日本社会に溶け込んでいるという事のアピールが大切です。

 

 

永住許可申請と貯金額

 

永住申請をする方からよく聞かれるのが

貯金はいくらぐらいあった方が良いですかね?

というものがあります。はっきりとした基準はありません。

 

私が漠然と思う目安としては

年収分

くらいはあった方がいいと思います。

 

1年間は無収入でもやっていけるという貯金があればと思います。

 

日本で自活できるしっかりとした職業がある、というのが一番大切ですが、

会社に勤めていても、その会社がつぶれるということもあり得ます。

 

そのような場合に、年収分の貯金があれば、まずは生活ができて、

あわてずに次の仕事を見つけることができます。

 

また、日本に10年もいれば多少なりとも貯金ができるでしょうし、

貯金ができないような計画性のない人間は、日本に貢献してくれそうにない

という風にも思えてくるからです。

 

さらに、国が一番恐れているのは、

お金が無くなって自暴自棄になって犯罪に走る

という最悪のパターンです。

 

永住権を目指すようなら、しっかりと貯金をしましょう!

 

 

税金!!

 

永住許可申請の必要書類に、

・所得税(国の税金)を納めている証明書

・地方税(市区町村)を過去5年間納めていることの証明書

があります。

 

永住権は、

・今までどのような事で日本に貢献していたか

・これからこの方が永住権を取得したあと、日本にどれだけ貢献してくれるか

を入管は見ます。

 

納税は、日本への貢献の最低限の事ですので、納税をちゃんとしているという

ところを詳しく審査されます。

 

よって、永住権取得を目指すなら、早いうちから納税をすることを意識して

いたほうがいいでしょう。

 

国の税金は、源泉徴収をしなければならないので、どのような規模の会社でも

従業員の税金を代わって納税してくれます。

 

しかし市区町村の税金は、規模の極小の会社は事務手続きが面倒という理由で

源泉徴収していない会社もあるので、その場合は従業員が自分で納税する必要があります。

 

外国人従業員の場合、日本の税制がわからない・市区町村から来る書類に

書いてある日本語が難しくて放置している、といった理由で地方税を

納税していない方もいるので、そのような方は注意が必要です。

 

永住権を目指すなら、まずはきちんと納税をしましょう!

 

 

法律を守る!

 

永住許可申請で許可が下りるのは、

日本に長年(10年間)住んでいてい、その間、日本の法律を守って暮らしている

ということが必須です。

 

日本の法律を守る、これがとても大切です。

法律を守らない人には当然のことながら永住してほしくないので、不許可になります。

 

殺人などの凶悪犯罪の人は、在留許可が取り消されて、刑期を終えたら国外退去に

なりますが、軽微な犯罪を犯す人は、罰金などで、その後の在留は続けることができます。

 

その軽微な犯罪の代表格が

・車のスピード超過

・駐車違反

です。

 

車を運転する方ならよくやってしまうでしょう。

駐車違反は、路上駐車しないようにすれば防げますが、スピード違反は、ちょっと

気が緩むとスピードが出てしまいますので、気を付ける必要があります。

 

入管は犯罪歴をちゃんとチェックしていますので、軽微な犯罪でも

「犯罪歴あり」

とわかってしまいます。

 

永住許可申請で、よく聞かれるのが

「どれくらいで犯罪歴が消えるのか」

ということですが、これはなんともわかりません。

 

永住許可申請こそ、入管職員の「裁量の範囲」になりますので、

その入管職員の人となりということもあります。

 

一番いいのが、車の運転をしない、ことです

 

永住権を目指す人なら、日本では車を運転しないで、バスや電車を

多用するのがおススメです。

 

 

健康保険・公的年金

 

以前はありませんでしたが、この頃必要になった要件が

2年間の社会保険(健康保険・公的年金)を納めていること

というものがあります。

 

健康保険があれば、病気になり医者にかかるときは3割負担で

済むので、外国人の皆さんは積極的に入り、さらに自分の親を

日本に連れてきて、日本の健康保険に入れようとする人もいるほどです。

 

しかし、公的年金の場合は、厚生年金はちゃんとした会社に勤めていれば

給料から半分・会社が半分負担して、会社が加入手続きをして掛け金を

納めてくれます。

 

ちゃんとしていない会社や、個人事業主に勤めていると、健康保険・

厚生年金に入ってくれない場合がありますので、そのような会社に

勤めている方は、国民健康保険・国民年金に自分で入る必要があります。

 

国民年金に自分で入るというのは、65歳以上にならないと年金が出ないので

なかなかメリットを感じるところが少なく、いずれは国に帰ろうと

思っている外国人の方はなおさらでしょう。

 

しかし、国民年金は、途中で国に帰るという理由で脱退すると、

脱退一時金

というものがもらえて、最大半分が返ってきます。

 

65歳以上になると、年額で80万円弱を年金でもらうことができます。

国民年金の掛け金は月額16,410円なので、計算してみるとかなり割のいい

年金となっています。

 

障害を持つと障害年金が出て、一定の要件がありますが遺族年金も出るので

国民年金は老齢年金の機能だけではありません。

 

永住権を狙うなら、健康保険・公的年金を忘れずに納めましょう!

 

 


永住権のお問合せは、こちらからどうぞ。

 

    お名前・Your Name (必須・Required)

    会社名・Company Name (法人様でしたらご記入下さい・Please fill in if company status)

    メールアドレス・Mail Address (必須・Required)

    電話番号・Tel Number (必須・Required)

    お問合せ題名・Subject

    お問合せ内容・Description

    添付資料・Related documents (もし御座いましたらお送りください・if any)

     

    POPULAT POST

    ×

    Powered by WhatsApp Chat

    × How can I help you?