外国人の方を日本に呼ぶには

外国の方を雇い入れたり、結婚したりして、日本に呼び寄せる場合ですが、日本に中長期の期間滞在する場合、在留許可を受けなければなりません。

外国の方が日本の在外公館に行って申請も可能ですが、申請を受理してから本国(日本)に送り、審査をして許可が出たら在外公館に送り、発給となりますが、数ヶ月の日数がかかります。

その審査をあらかじめ日本で行おうという制度が「在留資格認定証明」となります。

 

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書は、日本に上陸する外国人が、日本で行おうとする活動(就職・結婚など)が日本の在留資格制度に適合しているかどうかについて、法務大臣(入国管理局)が事前に審査を行い、条件に適合すると認められる場合に交付されます。

在留資格認定証明書を交付された外国人は、日本の在外公館に提示して査証(ビザ)の発給申請をした場合、在留資格に係る上陸のための条件は法務大臣(入国管理局)の事前審査を終えているものと扱われ、本国(日本)照会はなく、査証の発給が迅速に行われることになります。

同様に、日本到着時の上陸審査も簡易迅速に行われます。

流れ・手順

日本にいる招聘人が、入国管理局に「在留資格認定証明書交付申請」を行う

「在留資格認定証明書」の交付を受けたら、それを当該外国人に送付(郵便局のEMSなど)

受け取った外国人は、「在留資格認定証明書」と「パスポート」をもって日本の在外公館へ行き、「査証(ビザ)」の発給申請をする

「査証(ビザ)」の発給を受けたら、日本に出発

日本に到着したら、上陸審査を受け、「上陸許可」を受けたら、在留カードをもらう

 

注意点

「在留資格認定証明書」交付の審査は、在留許可の審査となりますので、同様の審査が行われます。よって、書類などは同等のものを用意、提出する必要があります。

また、有効期限は発行から3ヶ月となりますので、それまでに日本に上陸・入国する必要があります。